ホーム > 元気でんきの特徴

社名について

新しい一歩を踏み出すために、 “河口電機”から“元気でんき”へ社名を変更。

 お客様からの喜びの声は私たちにとって最高の喜びです。
だから、「もっと多くのお客様に、もっともっと喜ばれたい」と考えるようになりました。
このとき、いくつか解決しなければならないことに気付きました。

 一つは、「採用」です。
電気工事屋である弊社は求人を行うと当然、電気工事技術者の人材が集まります。
彼らはそれなりの技術は持っています。
しかし、弊社では技術者がお客様のご自宅に出向き、お客様と直接接することが多いため、技術だけでなくコミュニケーションや人間性も重視しています。
ところが、典型的な電気工事屋としての採用では、従来と同じような人材しか集まりません。
これでは私たちが実現したいお客様の喜びには到達しないのです。
 もう一つは、「地域浸透」です。
より多くの地域の方に愛される企業になるためには、皆さんに覚えて頂かなければなりません。
一般的な電気工事屋としての印象ではなく、もっとインパクトのある何かが必要でした。
もしかすると、社名が典型的な電気工事屋である"河口電機では、「採用」「地域浸透」の問題を解決できないのかもしれない、と思う様になりました。
社長の河口はかつて上場企業の創業者に「あなたは元気だ、だから社名も"元気"に変えなさい!」
と言われたことがあったそうです。そのときは深く考えはしなかったのですが、よく考えてみると、「元気」というポジティブなキーワードが度々出てきたことに気付きました。
元気いっぱいの電気工事屋…元気でんき!
これは弊社っぽい!分かりやすく、単純明快で覚え易いし、今までの電気工事屋が持っている古くさい感じもしない。
これなら今までに出会えなかった弊社の価値観にあった新しい人材にも出会えるかもしれない。
そして、分かりやすく、親しみ易い社名は今まで以上に地域に浸透していくかもしれない。

 "元気でんき"と社名を変えると決めたとき、少なからず不安もありました。
そこで、多くの方に相談したのですが、不思議なことに反対の声はありませんでした。 もしかすると、本来、"元気でんき"が私たちの社名だったのかもしれません。
今では心からそう思えます。
日に日に自分たちのものになっていくこの社名が、次に入る仲間たちのものになり、そして地域のお客様のものになっていくことを考えるとワクワクしてきます。

電気工事屋の社長として生ききる、その決意として、 社長も“河口エレキテル”に。河口電気から元気でんきへ社名を変更。

 私、河口エレキテル(本名:河口清一)は、ラジコンカーが大好きな少年でした。
今思えば、子供の頃から電気で動くものが大好きで、この仕事を選び、独立し、会社を興したことに気付きます。
どんなに大変なときでも無我夢中にやってこれたのも、純粋にこの仕事が大好きだったからなのだと思います。
 一時、こうした純粋無垢な動機を忘れ、寄り道もたくさんしてしまいました。
ずいぶん遠回りしましたが、多くの挫折や失敗、友人、そして共に働く仲間から本当にたくさんのことを気付かせてもらい、私自身が生きていく道をはっきりと理解しました。
私はこの仕事を心から愛しています。
そして、「この親から頂いた優れた能力を社会に使っていく事こそが私の使命なのだ!」と気付きました。
 電気工事屋の社長として我が人生を生ききる。その決意として、誰が聞いても電気と思える河口エレキテルと名を変える事にしました。
もしかすると、ふざけていると思われるかもしれません。私にとっても小さな決断ではありませんでした。
それだけに決意も一層固くなり、"河口エレキテル"が私を鼓舞してくれるのです。
素の自分を取り戻した自分自身が持っている力を"元気でんき"を通して社会に注ぎます。

ビジョン

元気でんきと変えたからこそ目指せるビジョン。

 弊社では、お客様からアンケートを頂く様にしています。
嬉しいお言葉も多く、私たちの励みになっています。
こうしたお言葉を頂く度に、もっと多くのお客様、未だ見ぬお客様にも同じ様に喜んで頂きたいと思う様になりました。
 元気でんきは、現在、名古屋市近辺を中心にサービスを提供していますが、更に多くのお客様に弊社のサービスを提供したいと考えております。
「拡大する」ではなく、お客様に本当に望まれ「拡大した」を目指しています。
そのため、社員品質を第一と考え、教育を徹底していきます。
そして将来、愛知県を元気でんきの渦に巻き込んでいきたいです。

多くのお客様に喜びを提供していくには、人材と支店が必要です。 急拡大するのではなく、しっかりと人材を育成し、確実にお客様の期待に応えられる体制を作っていきます。

社員教育

単なる高度な技術教育だけでなく、 どこに行っても通用する社員品質を目指しています。

 元気でんきのビジョン達成の為に社員教育は欠かせません。
未経験者でも技術を高めることができる教育体制を整えております。
「見て覚える」古い職人の業界にはない、高い技術教育です。
また、技術以上に力を入れているのが社会人一般として備えるべきコミュニケーション能力です。
多くの同業他社が取り組んでいない教育でもあります。

コミュニケーション

 お客様と直接接する機会が多い弊社スタッフにとって技術力はもちろんですが、もっとも大切なのはコミュニケーション能力です。
 弊社では、営業のプロフェッショナルを社外講師として毎月お招きし、全社員を対象に様々な状況設定をし、ロールプレイング方式で実践さながらの訓練を行う事でコミュニケーション力アップを図っています。
電気工事会社では大変珍しい取り組みだと思います。
お客様や入居者様とのトラブルが断然少ない理由は、こうした教育をしっかり行っていることにあります。

スキルドリル

 弊社では教育に力を注いでいます。
技術力と人間力の2つを徹底的に磨きあげる事がお客様の最高の喜びに繋がると考えているので、この業界特有の「見て覚える」という昔ながらの方法はとりません。
 技術力と人間力を細かく分解し、独自のスキルドリルを作成しています。
未経験者でも技術力と人間力を習得できる理由はこのスキルドリルがあるからです。
一年目は基本的なマナーや接客、電気工事の基礎についてしっかり習得してもらいます。
二年目からは、一人で顧客応対ができるレベルになってもらいます。
最初は基礎的な作業しかできませんが、スキルドリルに従って作業できる幅を増やしていきます。
三年目からは、新入社員の教育を通して、技術の復習と整理を行います。
四年目からは、難しい工事の対応や、工事チームのリーダーとなり全員を成長させる事の出来るようになって頂きます。

※上図のスキルドリルをクリック頂くと、サンプル(PDF)がご覧頂けます。

社員教育

元気でんきのビジョンを達成していく仲間達です。

弊社のスタッフを紹介します。

※写真をクリックすると社員説明詳細が表示されます。

代表取締役 河口エレキテル 取締役 佐藤 公昭 チーフ 寺本 雄作
津川 佳久 営業 谷口 和義 髙木 翔矢
伊藤 崇宏 伊藤 優里 安部 景子