☎ 052-369-0801

 家庭用エアコン取付をされる皆様へ 2日間の集中合宿で業務用エアコン取付を身につけて客単価10倍増を目指しませんか? 日本一の実績を持つ中古エアコン会社が作った「稼げる技術」を学ぶスクールです。

 家庭用エアコン取付をされる皆様へ 2日間の集中合宿で業務用エアコン取付を身につけて客単価10倍増を目指しませんか? 日本一の実績を持つ中古エアコン会社が作った「稼げる技術」を学ぶスクールです。

「そんなうまい話あるわけない」と思われたかもしれませんが事実です。
何しろ弊社自身が実際にやっていることなのです。 秘密1 を身に着けたことによって、1人あたりの毎月の売上平均額は 秘密2 万円を突破しました。この技術を身につけることによって売上が下がる 秘密3 にも強い、安定した会社を作ることが可能となります。これらの「秘密」を身につけるための 学校が、日本一の中古エアコン事業を運営する元気でんき株式会社開催の「業務用エアコン取付講座」なのです。

皆様はじめまて電気空調工事会社 元気でんき株式会社の代表取締役の河口エレキテルと申します。

私は幼少の頃より生粋の電気好きでして、好きが高じて電気科がある工業高校へと進み、そして電気工事業界に 飛び込みました。今では自分の名前を「エレキテル」と改名してしまうほどの電気好き人間です。

そんな私ですが、起業し、従業員を雇うようになってからは苦労の連続でした。なんとか会社は黒字を保っていたものの、目の前の仕事をこなして食いつないでいる状 態でした。そして毎年横ばいで伸び悩む業績に歯がゆい日々を過ごしておりました。

でも、ある転機で人生が大きく変わりました。 その転機というのは、

業務用エアコン取付けをするようになった。

業務用エアコン取付けをするようになった。

ということなのです。

大げさではなく 「家庭用」 から 「業務用」 への仕事のシフトは
それほど大きなインパクトがあったのです。

大げさではなく「家庭用」から「業務用」への仕事のシフトはそれほど大きなインパクトがあったのです。

何と言っても施工単価!

もともと1.3万円程の下請けで家庭用エアコンの取付をしておりました。
夏場ともなると日に5〜6件は取付て、毎日休みなく働いておりました。

結果、夏場は月に130〜260万円/人ぐらい稼ぎました。
毎年季節限定で羽振りが良くなっていたわけです。

でも9月、10月と夏が遠ざると不安が押し寄せます。
「このままでいいんだろうか?」と。

確かに来年も夏が来れば稼げるかとは思います。

しかし、夏場の稼働はもはや限界値。
これ以上受注件数を伸ばすのは困難です。
無理をしては社員に戦死者がでかねません。

では人数を増やすのか?

では人数を増やすのか

それも考えものでした。
人手を増やそうにも冬場の固定費負担が厳しく、思うようにはいきません。

解決策は実にシンプルで、いざやってみると「こんなことで良かったのか」と簡単なことでした。

「業務用エアコン」の取付をはじめたのです。

その結果、現在当社の工事担当社員の1人当り売上は
昨年度の実績で 年間 3,546 万円。

つまりは 月平均 296 万円 を稼ぐようになりました。

家庭用エアコンから、業務用エアコンへのシフト。

家庭用エアコンから、業務用エアコンへのシフト。

冬場も入れた通年平均で、家庭用エアコンを主力にしていた時期よりも
はるかに高い売上 をあげられるようになったのです。

△ 家庭用と業務用の比較

家庭用と業務用では施工単価に実に 10〜14倍 の開きがあります。

その分、技術と知識は必要です。 でも、この差は大きい !!

仮に業務用の取付に必要な人員が2人だとしても、
1件の取付で 1人あたり3.5〜12.5万円 を1件の仕事で稼ぐことができます。
これは効率良いですよね。

元気があれば午前中に業務用を取付けて、午後からは家庭用の取付けに走るということも可能です。
日に5件、6件と家庭用を取付けて回るよりも、
1〜2件の業務用に集中した方が正直楽です。
移動時間だって節約できます。

しかしながら、業務用の取付け人員は 人手不足。近年の猛暑の影響か、夏場の家庭用の取付人員は不足気味です。でも、こと業務用になると、 もっと人手不足 なのです。

家庭用を学んだ人がそのまま、業務用の技術を身につけるとは限りませんから、人手不足もいたしかたないことなのかもしれません。

実際、弊社は数年前より 「中古エアコン」の買取・販売事業
「エアコン買取王」をはじめましたが、悩みは施工人員です。 2018 年の 8 月には 252 件の工事依頼が来ましたが、 実際にお受けできたのは 123 件。

半分以上のお仕事をお断りすることになってしまいました。

業務用は、冬場・平日に仕事が来る

業務用は、冬場・平日に仕事が来る

業務用も家庭用と並んで、夏場が需要のピークになるのは同じです。
でも大きな違いは 冬場でも家庭用に比べて仕事が来る可能性が高い ということです。

当たり前ですが業務用の主な用途は、店舗やオフィスでの利用です。そして、店舗やオフィスの新規開店や改装は、季節を問いません。

店舗やオフィスの開設は通年いつでも平均的に発生しますから、必然、冬場でも仕事があるというわけです。

また、業務用は 平日の早い時間帯の施工依頼が多い のも特徴です。例えば飲食店では、集客が増える週末までに空調を整えておきたいですから、必然、平日の依頼が多くなるわけです。

一方で家庭用の施工は週末の依頼が多く、仕事は山程あるのに上手く日程が調整できず、平日が意外と手すきになるというジレンマがありました。

家庭用の週末施工と、業務用の平日施工を組み合わせると大変に 効率が良い仕事 ができるというわけです。
いかがでしょうか?
業務用エアコンの施工技術を身につけることは、 十分に魅力的なことだと言えるのではないでしょうか?

業務用エアコンは難しい?

業務用エアコンは難しい?

もちろん覚えることはいっぱいあります。
新しい技術にも慣れる必要があります。

でも、まるで経験がない人よりも、一通りの基礎を持った人の方がやりやすいというものです。

運転免許証で例えるなら普通運転免許の方が大型の免許を取るようなものです。

ではどこで業務用を学ぼうか?

ではどこで業務用を学ぼうか?

そこで
「でんきの学校」の「業務用エアコンの取付講座」のご提案です。

「でんきの学校」
「技術部門」「資格部門」 に分かれており、電気空調工事業に参入したい初心者の方から、新たな技術を学びたいベテランの方まで幅広い方を対象とした講座を開設しています。

資格部門では「日本エネルギー管理センター」と提携し、 過去5400人 が受講したカリキュラムを提供しています。

△ でんきの学校 2018 年 8月度「第二集電気工事士」受講風景

電気空調工事業界は、寿司職人の世界のように盗んで覚えろ的な文化が根強く残ります。
新しい技術を学びたいが 学べる場所がない。

学ぶためには仕事をとらないと実践の場がない。
しかし、仕事をとるためには学ぶ必要がある。

そこで、
17年かけてコツコツと各種作業の 
マニュアル化 カリキュラム化 を進めました。

「でんきの学校」の「業務用エアコン施工講座」は概要は次のような内容になります。

業務用を身に着けたら、数字は上がるのか?業務用を身に着けたら、営業はどうしよう?

業務用を身に着けたら、数字は上がるのか?
業務用を身に着けたら、営業はどうしよう?

「業務用」を身に着けたら、仕事は増えるのでしょうか?
結論的にはもちろん増やすことは可能です。

などの施策が考えられます。
最初は上手くいかなくても営業回数をこなせばいずれは結果につながります。

この際、営業の武器として「市場価格の半値の中古業務用エアコン」は強力な武器になります。

業務用の営業方法についても詳細は講座に解説させていただく予定です。また、卒業生のうちご希望の方には「中古業務用エアコン」という武器もご提供できます。

施工だけではなく、営業方法、あるいは営業のための武器を提供できるのは当講座の大きな特徴です。

本講座にご参加いただければ、溶接の仕方から、耐圧試験のやり方まで業務用取付けに必要な知識・技術をご提供します。
本講座にて、まずは業務用の取付けデビューが可能です。

ただ、公平を期すためにお伝えしますが、できる限り実践的に、かつ、わかりやすくなるようカリキュラムは作成していますが、本講座の2日間だけで即ベテラン施工者になれるということはありません。卒業後も皆様の変わらぬ努力が必要となります。

もちろん講座では、皆様の技能が伸びるよう精一杯のサポートをさせていただく所存でございます。

受講料25万円(税別)が小額とは申しません。

でも、もし業務用エアコンの技術を身につければ、
2、3回の施工によって、投資金額は取り戻せます。

この機会にぜひとも、ご参加をご検討いただければ幸いです。

◆2日間研修【250,000円(税別)】 参加希望日程をお知らせください

参加会場・希望日必須

会社名/屋号
(所属がない場合は"なし"と入力してください)必須

氏名必須

参加人数必須

住所

都道府県
市区町村
町名番地等
建物名

電話番号必須

メールアドレス

確認用

その他ご不明点ご質問ある方はご記入ください。